バレエのコンクールと発表会

バレエのコンクールといえば、スイスの
「ローザンヌ国際バレエコンクール」が一番有名かも
しれません。

というのもKバレエカンパニーを創立した熊川哲也が、
日本人初の金賞を受賞したコンクールとして有名だから
です。本当に熊川哲也はすごいことをやったんですね。

バレエの有名なコンクールはたくさんあります。
ブルガリアの「ヴァルナ国際バレエコンクール」、
アメリカの「ジャクソン国際バレエコンクール」、
ロシアの「モスクワ国際バレエコンクール」、
フランスの「パリ国際バレエコンクール」などです。

日本国内でも名古屋で「世界バレエ&モダンダンスコンクール」
といった世界的なコンクールが開催されているのを知って
いたでしょうか。

国内では、青少年のためのバレエコンクール「ザ・バレ・コン」
というものがあり、仙台・名古屋・福岡・東京で開催されています。開催時期は、各都市によって異なります。メルマガで最新情報が
出ていたりするので、調べてみると面白いでしょう。

バレエスクールでは、年に数回独自の発表会を開いているところが
あります。この種の発表会はコンクールとは違い、普段の練習の
成果を出すと共に、自分自身の成長を実感するような場となって
います。

コンクールのような熾烈な競争意識なしで参加できる発表会は、
練習成果と舞台芸術を体感できる場です。

発表会は、スクール・パフォーマンスとも呼ばれ、後援も
付いた公演、自主公演や、市民芸術祭、バレエ協会公演に
参加するものがあります。

アマチュアにとって、プロのダンサーを招いての公演は、
発表会というより、研鑽の場です。

posted by balei at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | コンクール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。